~よくわかる大腸がんの基礎知識~

このサイトについて

このサイトは、難しいイメージのある大腸がんについて、その症状や生存率、治療方法などを、なるべくわかりやすく解説することを目的に作ったものです。細心の注意を払って正確性を期していますが、個人でまとめたものですので、誤りがあるかもしれません。ご了承ください。

大腸がんの基本ガイド HOME » 大腸がんの手術後のために知っておきたいこと » 後遺症について

後遺症について

大腸がんの手術で大腸の一部を切り取った場合、その切除の場所によって、例えば、便秘や下痢などの後遺症が残ることがあります。具体的にはどのような後遺症があるのかを見ていきます。

大腸がんの後遺症・便秘や下痢など排便障害

大腸がんの結腸部分を切り取った場合は、残った腸をつなぎ合わせるため、結腸の長さが短くなります。そのため、便が充分に固まらず、下痢になることがあります。

直腸部分を切り取った場合は、便をためる直腸部分が短くなることはもちろん、切除手術の過程で、排便のための神経が傷つくことがあり、便意をうまく感じることができない、排便が上手くいかない、などの後遺症が残り、便秘になる、何度もトイレに行くなどの症状が起こることがあります。

しかし、これらの後遺症は、大腸が徐々に機能回復することにより、和らいできますので、あまり神経質にならずに、長い目で回復を待ちましょう。

ただ、直腸がんの場合は、切除した直腸の場所や大きさによって、自然排泄ができなくなることもあり、人工肛門をつくる場合があります。人工肛門は、一時的な処置と、永久的な処置があります。

カテーテルでの処置も必要な排尿障害

直腸がんの切除手術の過程で、骨盤内の自律神経が損傷することがあります。現在では、できる限り、神経を温存する手術が行われていますが、直腸がんの進行度合いによっては、自律神経の障害は避けられない場合があります。

排尿のための自律神経が傷つくと、

  • 尿意を感じなくなる
  • 排尿できなくなる
  • 尿漏れ

などの障害が起きます。

排尿できなくなる障害に関しては、尿の出口に細い管(カテーテル)を入れて膀胱まで通し、膀胱にたまった尿を直接排尿するという、導尿を行う必要があります。

手術後、時間の経過とともに、排尿機能が戻ってくる場合には、一時的な処置であり、徐々に自然に排尿できるようになりますが、重度の障害の場合には、その期間は長くなり、半年以上かかることもあります。

性機能障害も

直腸がんで手術を行った場合、排尿をつかさどる神経を傷つけるほか、性機能を担う神経も傷つけることがあります

大腸がんと性機能障害のメカニズムはまだはっきりとわかっていない段階ですが、デリケートな問題でもあるため、心理的要素が関連していることも否定できません。

いずれにしても、これらの障害については、恥ずかしがらずに医師相談するようにしましょう。