~よくわかる大腸がんの基礎知識~

大腸がんのステージと治療を知る
大腸がんのステージと治療を知る » 大腸がんの手術後の生活の質(QOL)を高めるために知っておくべきこと » 大腸がんに効果あり?アボカドが持つ力とは

大腸がんに効果あり?アボカドが持つ力とは

デザートとして、サラダの具材として、トーストの具材としてなど、様々な用途で広く活用されている果実、アボカド。脂肪分の多い植物として知られ、身体のエネルギー源にもなることから、古くから人類の食卓で利用されてきました。美味しいだけではなく、多彩かつ豊富な栄養素が含まれていることもアボカドの特徴。含有される成分の中には、大腸がんに効果的とされて研究されているものもあります。

アボカドとは

アボカドとは、クスノキ科ワニナシ属に属する果樹。原産はメキシコや中央アメリカですが、現在では、世界各国の暖かいエリアを中心に広く栽培されています。比較的栽培が簡単な樹木なので、日本でも育てることが可能です。

アボカドが食用として人類に登場した時期は、現在のところ、定かではありません。西暦900年頃とされるペルーのチャン・チャン遺跡からは、アボカドをかたどった土器が出土しているため、少なくともその時期には、アボカドが人類の食卓に定着していたと考えられます。 栽培が始まった時期もまた、定かではありません。遅くとも13~15世紀頃の中南米においては、栽培されていたことが分かっています。

アボカドに含有される代表的な成分

アボカドは栄養の宝庫と呼ばれています。実に多彩な栄養素を含んだアボカドですが、その代表的な成分としては、以下の5つのものが挙げられるでしょう。

「脂肪族アセトゲニン」のがん予防効果・抗がん効果が研究されている

アボカドには「脂肪族アセトゲニン」と呼ばれる成分が含まれています。昨今、この「脂肪族アセトゲニン」に関して、がん予防作用や抗がん作用の研究がいくつか報告されています。 研究によると、「脂肪族アセトゲニン」には、がん細胞を活性化させるEGFRなどの伝達系統を阻害する働きがあるとのこと。加えて「脂肪族アセトゲニン」が持つ抗炎症作用も、がんの予防などに役立つとされています。

[※1]

今後の更なる研究が待たれます。

アボカドのお勧めの食べ方

皮を剥いてそのまま食べても美味しいアボカドですが、できれば、もう一工夫してみたいものです。 定番の食べ方は、サラダの具材として。手軽に作れるので、ぜひ試してみてください。ゆで卵との相性も抜群です。 他にも、トーストに乗せる具材として、また、グラタンの具材として利用しても絶品です。まだ試したことのない方には、ぜひお勧めです。

参考文献

[※1] 小島直人『抗腫瘍活性バンレイシ科アセトゲニン類の系統的不斉合成法の開発』(2004年7月13日)