~よくわかる大腸がんの基礎知識~

大腸がんのステージと治療を知る
大腸がんのステージと治療を知る » 大腸がんの手術後の生活の質(QOL)を高めるために知っておくべきこと » 大腸がんの合併症(腸閉塞など)

大腸がんの合併症(腸閉塞など)

大腸がんの術後に合併症になる可能性があることについてまとめています。種類やその症状・対処法などを記載しているのでぜひ参考にしてみてください。

参照元:藤田 伸、島田安博(2011)『国立がん研究センターのがんの本 大腸がん』小学館クリエイティブ.
参照元:福長洋介(2016)『よくわかる最新医学 大腸がん』主婦の友社.
参照元:高橋慶一(2010)『大腸がん 手術後の生活読本』主婦と生活社.

大腸がんの合併症

大腸がんの術後は合併症になることがあります。がん細胞を摘出しても、その後、何らかの原因によって大腸がんとは異なる症状が出てしまうのですが、合併症はがんに対する治療の効果には影響しないと言われています。合併症を起こすと、通常の入院期間より長くなったり、再手術しなければならなくなったりするので、注意が必要です。

腸閉塞(イレウス)

手術の際に腸が外の空気に触れたり麻酔したりすることによって麻痺した状態が数日続きます。通常だとその後ガスが出て回復していくのですが、数日経っても腸がうまく動かなかったり、通りが悪くなったりする状態が腸閉塞です。ガスや便が腸から出なかったり、嘔吐やげっぷなどの症状が目立ちます。

食事の量を減らしたり、食事を一時的に止めたりすることによって、自然に改善されるのが普通です。もし改善されなかったら、鼻から腸へチューブを入れて治療を行います。

縫合不全

手術によって腸を縫い合わせた際にうまく縫い合わすことができなかった場合の後遺症と合わせて腸閉塞があります。便が腸に多く残っていたり、腸に血液が通常通り流れなかったりすると発症してしまうようです。症状が軽い場合は口から物を摂るのを一時的にストップして安静に保つことが重要。もしお腹に便が広がり過ぎてしまうと、腹膜炎になり、再手術しなければならない場合もあります。

傷からの感染(創感染)

手術したときに入れたメスが原因で傷口が化膿してしまうことを創感染といいます。傷口が痛んだり、腫れたりするのが特徴です。また、赤みや熱っぽくなることも。大腸の手術では何度もメスを入れたり縫ったりするためどうしても菌が傷口につきやすい状態になってしまいます。そのため他の手術よりも創感染が起こりやすいと言えるでしょう。創感染が起こった場合は傷口を少しだけ開いたのち膿を出して治療していきます。そうすると、段々改善していきますよ。

肺炎

肺は咳をすることによって、吸い込んだ細菌やウィルスなどを排出する仕組みになっています。しかし、大腸がんの術後は咳をすると腹部が痛むことによって、咳を控えてしまい結果的に肺炎になりやすくなってしまうのです。喫煙しているとそのリスクは高くなってしまいます。咳をしっかりする、深呼吸を定期的にすることによって肺炎予防に。術後も咳を止めずに行うようにしましょう。

多くは一時的なので心配しすぎない

腸閉塞や縫合不全、傷からの感染や肺炎などの合併症は、一度適切な治療をしてもらえれば、ずっと続くものではありません。術後に起こる一時的な症状なので、医師の判断にしたがって治療を進めていくと、改善されていきます。食事の管理や排便の管理などをしっかりと行い、QQLを高めていくことが心身の回復に繋がります。