~よくわかる大腸がんの基礎知識~

大腸がんのステージと治療を知る
大腸がんのステージと治療を知る » 大腸がんの手術後の生活の質(QOL)を高めるために知っておくべきこと » 大腸がん術後の排便

大腸がん術後の排便

大腸がんの手術後は手術前と排便リズムや便の形状が異なっているため戸惑ってしまう人もいると思います。ここではその排便障害について紹介するのでチェックしてみてくださいね。

参照元:藤田 伸、島田安博(2011)『国立がん研究センターのがんの本 大腸がん』小学館クリエイティブ.
参照元:福長洋介(2016)『よくわかる最新医学 大腸がん』主婦の友社.
参照元:高橋慶一(2010)『大腸がん 手術後の生活読本』主婦と生活社.

大腸がん術後の排便習慣とは

大腸がんの術後は、しばらくの間排便が変化します。手術によって腸の一部が切除されると、腸の動きが低下し、結果的に手術前とは異なった排便になるのです。

しかし、これらの症状は通常半年~1年で改善されるので、術後は思い悩まずに自分の症状に合った対処をしていきましょう。

食事や運動の生活リズムを整え、毎朝決まった時間にトイレに行くことも大切です。トイレにいきたくなった場合は、我慢しないことも大切です。排便習慣が崩れてしまう可能性があるからです。毎日、無理のない運動量をこなしていくことは、便秘予防に効果ありです。

排便の記録をつけていくことで、すぐに排便の不調を振り返ることができます。過去の排便を振り返られると、自分にとってどんな食事内容が合うのか合わないのか、どんな運動をしたらNGなのか、生活の見直しを行うことができます。

大腸がんの術後に起こる排便機能障害

下痢・軟便

腸壁が便に含まれている水分を十分に吸収できないことによって、水分の多い軟便や下痢となって排出されます。しかし、水分の摂取を控えることはやめましょう。下痢によって水分が一気に排出されてしまうと、脱水症状になってしまいます。肛門付近で吻合手術を受けた人は特に下痢や軟便が目立つかもしれませんが、失禁用パンツを用意したり医師から整腸剤・下痢止めを処方してもらったりするとよいでしょう。

便秘

大腸がんの手術後は腸の働きが低下します。よって、便を排出する動きを妨げたり、切除した腸管のつなぎ目が馴染まないことによって便の排出を妨げたりすることも。便秘でお腹が張ると傷が痛むこともあるので我慢は禁物です。医師に相談して緩下剤を処方してもらうと良いでしょう。

また、バランスの取れた食事や水分補給を心がけることも大切です。腹部をマッサージしてお腹を温めるのも便秘予防に繋がりますよ。また、適度な運動をすると排便のリズムが整い、正常に便が排出できるように。日頃から軽い運動で身体を動かすことを心がけましょう。どうしても便秘が改善されない場合は医師に相談しましょう。緩下薬を処方してくれるはずですよ。

食事の工夫を詳しく知る

排便困難

直腸を切除した際に、一緒にその周辺にある自律神経も切除してしまうと排便機能が上手く働かないことがあります。その結果、自力で排便をコントロールできず、いつ便が出るのかわからない状態になるのです。例えば便が溜まり排出されそうな時でも、それに気づけず、便を漏らしてしまったり(便失禁)、排便に長時間かかってしまったりしてしまいます。また、頻便と便秘を繰り返すことも。手術後は排便がこのように変化してしまうのは異常ではありません。自分でも一定期間排便が困難になることを理解し、受け入れることが大切です。不安を解消するために、必要な時には下痢止めや緩下剤などを使用しても良いでしょう。

その他の起こりやすい後遺症について見る

盲腸・結腸がん術後の排便機能障害とは

盲腸からS状結腸までにがんが発生した場合は直腸を温存できますので、一般的に排便機能障害はおこりません。しかし、嘔気、便秘などの一般的な腹部の症状が発生することはあります。盲腸からS状結腸までが切除されると便を固形化できず、下痢便となってしまいます。

引用元:大腸がん手術後の排便・排尿障害のリハビリテーション:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ] 大腸がん手術後の排便・排尿障害のリハビリテーション:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]

直腸がん術後の排便機能障害とは

直腸は、便をためる場所です。直腸にがんが発生した場合、直腸の一部または全部を切除するため下痢便、頻便、便意頻回、便失禁、便秘などの排便機能障害が発生します。
肛門が温存できる場合には、残った直腸は結腸とつなぎあわせます。結腸を通過した排泄物はそのまま残った直腸に到達します。がんが肛門に近い部位にある場合、温存される直腸が短いので(低位前方切除)排便機能障害は強くなりがちです。がんが直腸の中でも上方にある場合は、かなりの直腸が温存(高位前方切除)されるため、排便機能障害も少なくて済みます。
がんが肛門の近くにあり肛門が温存できない場合には、人工肛門が必要になります。最近では、がんが比較的肛門に近くても結腸とつなぐことがありますが、この場合は排便の障害は強くなることが多いので、日常生活では人工肛門のほうが管理しやすいことがあります。

引用元:大腸がん手術後の排便・排尿障害のリハビリテーション:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ] 大腸がん手術後の排便・排尿障害のリハビリテーション:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]

排便トラブルの体験談

変えの下着は必須でした

大腸がん手術後3ヶ月間ほど軟便になり、回数は1日15〜20回。しかも便意がきたら「今すぐに出したい」という…こんな状況が半年ほど続きました。トイレまで我慢するということも難しかったので、何度か間に合わないということも。最初のうちは変えの下着を持っていっていたのですが、こっそり洗ったりするのも大変で、妻に相談したところ、生理用品を勧められました。捨てる用のゴミ袋とともに常備していたら、非常に楽になりました。体にかける消臭スプレーも常備していましたよ。(30代・男性)

ひどい便秘で痔に…

術後は便がなかなか出ず、3日出ないのはザラ。お水を飲んでもダメで、出てもとても硬い便で、肛門が裂けてしまうことも。お医者様に相談し、便を柔らかく、出しやすくする薬をいただいたのですが、それでもダメ!薬を倍量に増やして、やっと通常の便通に戻りました。(50代・女性)

外出時はトイレの場所を必ずチェック

初めて行く場所では、必ずトイレの場所を一番に確認する癖をつけました。また、食事のあと1時間ほどはとくに下痢気味になりがちだったので、移動の時間がそこに当たらないように、食事の時間には気をつけていました。(60代・女性)

術後の排便には、何かしら困らされたという人がほとんどでした。お医者さんから処方される薬や失禁パッド、生理用ナプキンなど、人によって色々なアイテムを駆使して乗り切っていました。期間は短い人で1週間程度、長い方で1年ほど続いていました。