~よくわかる大腸がんの基礎知識~

大腸がんのステージと治療を知る
大腸がんのステージと治療を知る » 大腸がんの手術後の生活の質(QOL)を高めるために知っておくべきこと » 大腸がんに良い成分が豊富?かぼちゃのパワーとは

大腸がんに良い成分が豊富?かぼちゃのパワーとは

日常的な食材として、特に気にすることもなく食べているトマト。体に良いということは噂で聞いたことがあるものの、どんな成分がどんな効果を持つのかについて、詳しくは知らないという人も少なくないでしょう。トマトに含まれる成分には様々なものがありますが、特に注目すべきはリコピン。強い抗酸化作用、脂肪の蓄積を抑える作用などで知られる成分ですが、最近では、特定の種類のがんの予防・抑制効果も持つとの研究報告が注目されています。

かぼちゃとは

かぼちゃとは、ウリ科カボチャ属に属する野菜のこと。原産は南北アメリカ大陸ですが、古くから他の地域でも栽培されていたことが分かっています。 日本にかぼちゃが伝来したのは天保年間(1532~1555年)。カンボジアの野菜として、当時のポルトガル人が日本に運んだのが始まりとされています。当時、カンボジアの野菜ということから、カンボジアが転訛して「かぼちゃ」と呼ばれるようになった、と伝えられています。

かぼちゃを大きく分類すると、「ペポ種」「西洋種」「日本種」の3種類。普段、私たち日本人が食しているかぼちゃは、これらのうち「西洋種」になります。

かぼちゃに含有される代表的な成分

かぼちゃに多く含まれる代表的な成分は、以下の通りです。

がん予防に効果的と言われている成分

かぼちゃに含まれている成分の中には、がん予防やがん改善に良いとされる成分がいくつかあります。上で紹介したβカロテンは、その代表的な成分です。他には、以下の成分ががん予防に良いとされています。

[※1]

[※2]

かぼちゃを使った代表的な料理

かぼちゃを使った料理には、すでに様々なものがあります。

参考文献

[※1] 杉浦実『β-クリプトキサンチンと生活習慣病リスクとの関連:疫学研究からの知見』(2012年)

[※2] 小山洋,MUTAKIN,Rizky ABDULAH,山崎千穂,亀尾聡美『セレン補充によるがん予防と糖尿病発病リスクーSELECT研究とその後ー』(2013年)