~よくわかる大腸がんの基礎知識~

大腸がんのステージと治療を知る
大腸がんのステージと治療を知る » 大腸がんの手術後の生活の質(QOL)を高めるために知っておくべきこと » 大腸がんの後遺症(性機能障害など)

大腸がんの後遺症(性機能障害など)

大腸がんの手術を受けるとさまざまな機能に後遺症が残る場合があります。これらの後遺症は長年残るものだけではなく、数ヶ月後や数年後には治る症状も。さまざまな後遺症について紹介します。

参照元:藤田 伸、島田安博(2011)『国立がん研究センターのがんの本 大腸がん』小学館クリエイティブ.
参照元:福長洋介(2016)『よくわかる最新医学 大腸がん』主婦の友社.
参照元:高橋慶一(2010)『大腸がん 手術後の生活読本』主婦と生活社.

後遺症の多くは直腸がんの手術で起こる

結腸がんによる手術ではほとんど後遺症はないと言われていますが、直腸がんを受けた場合、いくつかの後遺症がみられます。大腸がんの手術は、肛門に近い部分にある直腸周辺やそのまわりのリンパ節の切除。手術する仙骨上端から肛門管直上までにかけては自律神経が近く、手術の際に傷つくことがあるのです。

盲腸や結腸、直腸などに分かれている大腸。がんの手術によって起こる障害は排便機能、排尿機能、性機能に関する3つが考えられます。機能障害は摘出されるリンパ節や、腸の範囲などによって異なるとされており、その範囲はがんの深さや部位などによって異なるのです。原因は各機能障害によって異なり、対策法もそれぞれにあったものを行う必要があります。

排便障害

大腸がんの術後の後遺症のひとつに下痢・軟便・便秘などの排便障害があります。これは便を溜める役割をしている直腸の一部が切れることによって起こる後遺症です。症状として、ほとんどの人が排便の回数が増えたと実感。1日に5~6回、多い日だと10回にまで及ぶこともあるようです。また、排便のリズムが乱れることによって、便が多く出る日もあれば、全くでない日が続くこともあるのです。急に便意をもよおすことがあるため、外出時に漏らしてしまわないか心配という方も多くいます。また手術前は、排便リズムが崩れてしまうことを知っていても、いざ排便障害になると驚いて不安になる方も。術後はほとんどの方が排便障害になる可能性が高いのであまり驚く必要はありません。

排便障害の対策

もし、排便障害が気になるのであれば、オストメイトマークのあるトイレを事前に把握しておくといいでしょう。 オストメイトマークとは、人工肛門や人工膀胱を造設している人のための施設・空間を表すマークです。 もしどうしても心配だったり、長い間下痢や軟便、便秘が続いたりする場合は医師に相談してみるといいでしょう。 排便障害への対処法や体験談は別ページでも掲載しています。

知っておきたい大腸がん手術後の排便事情

排尿障害

大腸がんの術後は排尿障害が発生してしまうことがあります。原因はがんを摘出する際にリンパ節も一緒に取り除くため。摘出した際に骨盤内にある排尿機能に傷がついてしまい、正常に排尿できなかったり、尿意を感じずに漏らしてしまったりといった排尿機能障害が起こるのです。排尿機能障害が軽度だと、カテーテルを尿道に通して尿を取ったり、腹部にちからを入れたりして取ったりすることができます。骨盤内にある神経が全て損傷している重度の場合は定期的に導尿しなければなりません。

排尿障害の対策

対策として、排便障害と同様でオストメイトマークを把握しておくのがいいでしょう。排尿障害の場合、気を付けなければならないのは脱水症状。頻尿や多尿により、身体の水分が抜けていく可能性が高いので十分な水分補給をするように心がけましょう。

性機能障害

大腸がんの術後は性機能にまで障害を及ぼすことがあります。下部の進行直腸がんの場合、男性によくみられる後遺症です。手術の際に骨盤と壁に1番近いリンパ節を一緒にとることによって神経が傷つき、性機能障害が起こります。

性機能障害には2種類あります。射精障害と勃起障害の2つ。自立神経に傷をつけずに手術したとしても、70%ほどしか機能が保たれません

性機能障害は精神面にも大きく関わっています。そのため、すぐに解消されるのではなく半年~1年ほど改善に時間がかかると考えた方が良いでしょう。性機能障害は精神的に緊張しているほど、その症状が強くなる傾向にあります。

女性の場合は、性的興奮の低下したり、性に対しての嫌悪感を抱いたりといったことが生じるといわれています。

性機能障害の対策

パートナーの理解や協力を得て、精神的ストレスを取り除くことが不可欠です。プライバシーの問題ではありますが、抵抗がなければ担当医やカウンセラーに相談するようにしましょう。

後遺症で気分が沈むと状況が悪化してしまうことも

さまざまな後遺症が出ると、気分が沈んでしまうこともあるでしょう。しかし、それだと状況は悪化する一方。外出が億劫になったり、気分がなかなか上がらないといったときは心身ともにストレスを感じている状態です。その状態が続くと回復にも影響を及ぼしてしまいます。このサイトではその心理状態との向き合い方を考えるページ「大腸がんとの共生を考えるページを設けているので、ぜひ読んでみてください。

【番外】がんとの共生を考える