~よくわかる大腸がんの基礎知識~

大腸がんのステージと治療を知る
大腸がんのステージと治療を知る » 大腸がんとは » 大腸がんが完治する確率

大腸がんが完治する確率

大腸がんの最善の治療方法は、早期発見・早期治療です。初期のころは自覚症状があまり出ませんが、自覚症状が出てからではもう手のつけようがない状態であることも…。大腸がんは完治するのでしょうか?詳しいデータを調査し、完治の定義をまとめました。

参照元:全国がんセンター協議会KapWeb 「生存率共同調査」2007年~2009年

参照元:福長洋介(2016)『よくわかる最新医学 大腸がん』主婦の友社.

大腸がんの完治の定義について

がんは基本的に、「治療してから5年以内に再発がなければ治ったものと見なす」というのが完治の定義です。大腸がんの場合は手術後5年以内に再発することが多いため、5年を過ぎた後は完治したものと見なされています。「5年生存率」という言葉があるのも、こういった経緯があるからなのです。

大腸がんの完治の割合は?

大腸がんの進行度は遅く、緩やかに進行するため、早期発見できれば、完治の可能性が高い病気と言われています。つまり、「治るがん」なのです。現に、大腸がん初期であるステージ1の方の5年生存率は98.8%と非常に高い数値データが報告されています。

大腸がん臨床病期別5年生存率(2007-2009年診断症例)※一部抜粋
症例数 生存率(%)
ステージ1 3,763 97.6
ステージ2 3,073 90.0
ステージ3 4,084 84.2
ステージ4 2,968 20.2
全症例 14,551 76.0

しかし、問題なのは、大腸がんにはこれと言った自覚症状がないことです。大腸がんの自覚症状として、便秘や下痢を繰り返す、血便が出る、腹痛などの判断しやすい症状があります。ただ、これらの症状が出ても、単なる体調不良と放っておいてしまう方が多いのも事実です。

そのため、大腸がんと診断された患者のうち、7~8割の方が進行がんと診断され、治療が困難な状態に陥ってしまいます。早期発見での5年生存率と比較すると、がんが進行してしまっているステージ4の場合、5年生存率は19.6%とかなり低くなるのです。このように、大腸がんは早期発見とそうでない場合で、生存率が大きく変わってしまいます。

ステージごとの完治の割合を見る

5年生存率の数値はあくまでもデータ

5年生存率98.8%のステージ1であれ、19.6%のステージ4であれ、絶対に再発しないとは限りません。「再発するかもしれない…」と不安を抱き続けるよりも、再発や転移が起こらないように備える姿勢が大切です。毎日を充実させ、ストレスが少ない生活を送ったり、食生活に気をつける、睡眠をとる、没頭できる趣味を見つける…そんな生活を送るのがいちばんです。

再発・転移への備えを詳しく知る

大腸がん完治のための定期検査を忘れずに

規則正しくストレス少なく毎日を過ごすことのほか、 大腸がんの完治のためには定期検査を受けることが重要です。術後の期間や臓器の状態によっても定期検査の頻度が変わるので医者の判断を仰ぐようにしましょう。下記は定期検査の内容と頻度の目安です。

大腸がんの手術後の定期検査(サーベイランス)について
内容 術後期間:頻度
問診・診療 再発したとしても早期発見できる可能性が高くなります。 1~3年まで:3ヵ月に一度
3~5年まで:6ヵ月に一度
直腸指診・触診 直腸がんの場合、局所再発しているかどうか調べます。 1~3年まで:6ヵ月に一度
腫瘍マーカーの測定 血液検査で腫瘍マーカーの血中濃度を検査します。 1~3年まで:3ヵ月に一度
胸部X線検査または胸部CT検査 直腸がんの場合に、検査が行われます。 1~5年まで:6ヵ月に一度
腹部超音波検査または腹部CT検査 肝臓の状態を調べる検査です。 1~5年まで:6ヵ月に一度
骨盤CTまたはMRI検査 直腸がんの場合に、検査が行われます。 1~5年まで:6ヵ月に一度
大腸内視鏡検査 腸の癒着があって内視鏡検査ができない場合は、注腸X線造影検査を行ないます。 1年以内:一度
2~5年以内:1~2年に一度

ちなみに大腸癌研究会の「大腸癌治療ガイドライン」では、問診・診療に関してリンパ節転移のないステージ1、ステージ2、ステージ3は術後3年間は3ヵ月に一度、4~5年目までは6ヵ月に一度の検査がすすめられています。