~よくわかる大腸がんの基礎知識~

大腸がんのステージと治療を知る
大腸がんのステージと治療を知る » 大腸がんとは » 大腸がんの進行のスピード

大腸がんの進行のスピード

大腸がんの進行スピードについて調べてみました。他のがんと比べてどうなのでしょうか?

大腸がんの進行スピードについて

がんの発症した時期を推測する倍化時間

細胞ががん化して目視で確認できるようになるまでにかかった時間を推測する方法に「倍化時間」があります。「一定の速度でがん細胞は分裂する」という仮定をして、がんを発症したと思われる時期を逆算して測定する方法です。

大腸がんの進行速度は胃がんよりも遅い

大腸がんを「倍化時間」に当てはめると、平均30~300日前後で進行。胃がんは30日以下で進行することが多いため、大腸がんは胃がんに比べて進行が遅いことが分かります。

進行は遅いが初期症状に気づきにくい

大腸がんと分かる症状に血便があります。しかし、血便が出ても痔だと思われて見過ごされることも。また、大腸がんになっても初期段階だと自覚症状がないため、なかなか気づけません。腹部の違和感に気づいて病院を受診したら大腸がんの進行がかなり進んでいた、というケースが多いがんです。

大腸がんを発症してしまったら

大腸がんはステージごとに治療方法が変わってきます。早い段階ならがんの部分を内視鏡で切除することが可能です。しかし進行が進むと、がん部分の切除手術や抗がん剤での治療が必要になってきます。

再発や転移の可能性

大腸がんは再発や他の臓器への転移が低いです。しかし、遺伝性の大腸がんの場合は再発や転移の可能性が高まります。家族や身内に大腸がんにかかった人がいるなら、遺伝的ながんの要素を自分自身が持っている場合も。日頃からがん予防を心がけて、未然に防ぎましょう。定期検診で身体の状態を知り、がんの早期発見・早期治療に努めることも大切です。

大腸がんを見つけるためには定期検査が大切

大腸がんは早期発見で根治ができる病気です。日頃から体調管理に気を付けて少しでも異常が見られた場合は医師に相談しましょう。また、大腸がんの定期検査を受けるようにすれば、早期に大腸がんに気づくことができます。

大腸がんの検査について知る