~よくわかる大腸がんの基礎知識~

このサイトについて

このサイトは、難しいイメージのある大腸がんについて、その症状や生存率、治療方法などを、なるべくわかりやすく解説することを目的に作ったものです。細心の注意を払って正確性を期していますが、個人でまとめたものですので、誤りがあるかもしれません。ご了承ください。

大腸がんの基本ガイド HOME » 大腸がんのやさしい解説 » 自己負担が軽くなる高額医療費制度

自己負担が軽くなる高額医療費制度

もし大腸がんになってしまったら治療費がいくらになるのか心配、という経済的な不安も出てくるでしょう。そんな方に朗報です。一定額を超えると支払う負担が少なくなる「高額医療費制度」について紹介します。

医療費負担の上限を決められる高額医療費制度

2012年4月から始まった高額医療費制度。これを利用することにより、病院の窓口での高額医療費の支払い負担を軽くすることができます。

高額医療費制度とは、1ヶ月の医療費の自己負担分があらかじめ決められた金額よりも超える場合、その超えた分を支払う必要がなくなる制度です。その「自己負担限度額」は、その方の年齢や所得に応じて決められます。

患者さんが70歳以上の場合と、70歳未満の場合で手続きが異なるので注意が必要です。各年齢の手続き方法と自己負担限度額の例を見ていきましょう。

70歳以上の高額医療費制度

70歳以上の場合、特に事前の申請は必要ありません。いつも通り、病院の窓口で加入している健康保険証を提示すると自動的に計算され、自己負担限度額以上の支払いがなくなります。

入院の場合の70歳以上の自己負担限度額(2013年4月現在)

  • 低所得者(住民税非課税)  24,600円
    ※さらに低所得の場合15,000円一般(自己負担1割) 44,000円
  • 所得者(自己負担3割) 80,100円×(医療費の総額-267,000円)×0.01 
    ※年に4回以上限度額を超える場合44,000円

また、通院のみでも医療費負担が高くなることもあります。外来の場合でも自己負担限度額がありますので安心です。

外来の場合の70歳以上の自己負担限度額(2013年4月現在)

  • 低所得者(住民税非課税) 8,000円
  • 一般(自己負担1割) 12,000円
  • 所得者(自己負担3割) 44,000円

70歳未満の高額医療費制度

70歳未満の場合、事前に申請し、「限度額適用認定証」の交付を受けることが必要です。

社会保険、国民保険など、加入している医療保険により手続きが異なりますので、それぞれの機関に問い合わせてみましょう。

「限度額適用認定証」を受け取ったら、受診する病院の窓口に、その証明書を提示する必要があります。これにより、医療費の自己負担限度額が適用されるようになります。

70歳未満の自己負担限度額(2013年4月現在)

  • 低所得者(住民税非課税) 35,400円
  • 一般 80,100円×(医療費の総額-267,000円)×0.01
  • 上位所得者(年間基礎控除後所得600万円以上) 150,000円×(医療費の総額-500,000円)×0.01

70歳未満の場合は、複数回にわたり自己負担限度額を超える医療費がかかる場合、さらに負担を少なくする「多数該当」という区分があります。

多数該当とは、過去1年間に自己負担額を3回超える医療費だった場合、4回目以降はさらに自己負担限度額を安くする制度です。

多数該当の場合の70歳未満の自己負担限度額(2013年4月現在)

  • 低所得者(住民税非課税) 24,600円
  • 一般 44,400円
  • 上位所得者(年間基礎控除後所得600万円以上) 83,400円

そのほか、自己負担限度額が適用されて実際に支払った医療費が年間10万を超えた場合は、税金の医療費控除も受けることができます。

大腸がんにかかわらず、高額の医療費がかかるという場合には、一度問い合わせてみることをオススメします。