~よくわかる大腸がんの基礎知識~

大腸がんのステージと治療を知る
大腸がんのステージと治療を知る » どんなことをする?大腸がん治療の種類 » 緩和ケア

緩和ケア

治療中のがん患者が抱えている悩みや不安に寄り添いながら、解消をサポートする緩和ケア。ここでは緩和ケアとは実際何を行なっているのかを紹介しています。

参照元:厚生労働省 緩和ケア
参照元:国立がん研究センター がん情報サービス がんの療養と緩和ケア

緩和ケアとは

がん治療中の患者が抱えている痛みや不安を和らげて、QOL(生活の質・生命の質)を高めるための治療を指す緩和ケア。がん患者とその家族が治療・療養生活を行ないながら、活き活きとした毎日を送れるように、治療中の痛みだけでなく精神的な問題についてサポートもしてくれます。

WHO(世界保健機関)では「緩和ケアは、生命を脅かす疾病に関連して、肉体的であれ、社会心理的であれ、またスピリチュアルであれ、諸問題に直面している患者やその家族のクオリティ・オブ・ライフ(生活の質)を向上させる」と定義。また、厚生労働省でも緩和ケアの推進を宣言しています。

このようにさまざまな機関が支援・推奨している緩和ケア。ホスピスとは違って終末期のがん患者だけではなく、がんで苦しむ患者全員が緩和ケアを受けることができます。

実際に何をするのか

痛みのコントロール

がん患者の多くが療法中の痛みに悩んでいます。緩和ケアでは痛み止めとして通常の鎮痛剤や医療用麻薬のモルヒネで痛みを軽減。副作用として眠気や吐き気、便秘などがありますが、治療で症状を和らげることができますよ。

心のケア

がんと診断される多くの方が動揺したり、落ち込んだりと不安な気持ちに押しつぶされそうになります。緩和ケアでは、そういった患者に寄り添って心の負担を軽減するのです。心療内科の医師や臨床心理士のカウンセリングが受けられる機会を用意し、がん患者が抱える悩みを親身になって聞いてくれるので、気軽に相談可能。がん治療中の不安や心配などのストレスを軽減し、強い気持ちでがんと向き合うことを目指します。

家族のケア

がんは本人だけではなく、家族にも精神的に大きな影響を与えます。大切な人ががんであると知らされた時や、転移・再発が見つかった時に受けるショックははかり知れません。緩和ケアでは、家族のメンタル面もサポート。

大腸がんの患者を診察している医療施設では、精神腫瘍科・心療内科の医師や臨床心理士のカウンセリングを家族が受けられます。がんの宣告が家族にとって強いストレスになるケースがあるので、緩和ケアは家族のうつや自殺を防ぐことにもつながるでしょう。

「がんとの共生を考える」を読む