~よくわかる大腸がんの基礎知識~

このサイトについて

このサイトは、難しいイメージのある大腸がんについて、その症状や生存率、治療方法などを、なるべくわかりやすく解説することを目的に作ったものです。細心の注意を払って正確性を期していますが、個人でまとめたものですので、誤りがあるかもしれません。ご了承ください。

大腸がんの基本ガイド HOME » どんなことをする?大腸がん治療の種類 » 【番外】注目される緩和治療とは

【番外】注目される緩和治療とは

大腸がんに限らず、「緩和ケア」には、末期がんの痛みを和らげるもの、というイメージがあると思います。

しかし緩和ケアとは、本来は患者さんの生活の質を高めるのが目的。単純に苦痛をなくせばいい、というものではありません。

がんは身体面だけでなく、精神面にも小さくないストレスを与える病気です。がんが進むことによる肉体の変化や、治療の副作用。いままで当たり前に出来ていたことができなくなっていく苦痛は、周囲が思っている以上に患者さんの負担になっています。

症状の重い・軽いも大切ですが、患者さん本人が病をどう感じているかにも、しっかりと目を向けなければなりません。

大腸がんの場合の緩和ケアについて

大腸がんの緩和ケアも、他のがんで行われるものと大きな差はありません。

具体的な内容は病院によって違ってきますが、大まかには肉体的苦痛の緩和と精神的苦痛の緩和の2つが軸となります。

<病院や専門施設で受けられる緩和ケア>

鎮痛薬/麻酔薬の投与 患者さんがどれくらい痛みを感じているかによって調整しながら、負担のない範囲で痛みのケアを行います。薬の影響でぼんやりしたり、心が不安定になってしまうこともありますが、痛みを緩和するという点では高い効果があります。
メンタルサポート 精神科医や専門の知識をもったスタッフが患者さんと会話し、やり取りの中で精神的な負担をケアしてくれます。
患者さんの身近な人の
メンタルサポート
患者さんの身近な人の精神的負担も小さくありません。最近は患者さんの身の回りの人も含め、メンタルサポートをしてくれる病院も増えています。

緩和ケアは、基本的にどの病院でも受けられます。しかし場合によっては、ベッド数の問題などから、緩和ケア病棟のある施設(ホスピス)への転院を進められることも少なくありません。

がん治療を受ける際は、緩和ケアをどこで受けるべきか、担当ドクターと相談されるとよいでしょう。

<周囲の人にもできる緩和ケア>

孤独を感じさせない

周囲との絆は、闘病の強いモチベーションとなります。恐怖を緩和するという点でも、「自分は一人じゃない」という実感は大きな支えになるでしょう。
日常の延長として接する 「自分は重病だ」と感じさせてしまうような、腫れ物に触るような接し方は避けるべきです。当たり前の日常の延長として、本人が病と戦えるよう配慮してあげてください。
励まし過ぎない 励ましは時に負担になります。本人が頑張っているのに励ますのは、「理解してもらえていないのだ」と距離を感じさせてしまうことにもなりかねません。

周囲の人ができる緩和ケアは、どれも本当にささやかなことばかりです。

しかし、患者さん本人にとっては、苦痛を取り除くことと同じくらい、もしくはそれ以上に大切なことではないかと思います。

血の通った当たり前のコミュニケーションは、大きな病気を患うと失ってしまうものです。周囲は自然に接しているつもりでも、本人側の捉え方が変わってしまいます。

気の持ちようというのは体調にも大きな影響を与えますので、心が折れてしまわない環境を整えてあげてください。