~よくわかる大腸がんの基礎知識~

大腸がんのステージと治療を知る
大腸がんのステージと治療を知る » どんなことをする?大腸がん治療の種類 » 緩和ケア

緩和ケア

治療中のがん患者が抱えている悩みや不安に寄り添いながら、解消をサポートする緩和ケア。ここでは緩和ケアとは実際何を行なっているのかを紹介しています。

参照元:厚生労働省 緩和ケア
参照元:国立がん研究センター がん情報サービス がんの療養と緩和ケア

緩和ケアとは

がん治療中の患者が抱えている痛みや不安を和らげて、QOL(生活の質・生命の質)を高めるための治療を指す緩和ケア。がん患者とその家族が治療・療養生活を行ないながら、活き活きとした毎日を送れるように、治療中の痛みだけでなく精神的な問題についてサポートもしてくれます。

WHO(世界保健機関)では「緩和ケアは、生命を脅かす疾病に関連して、肉体的であれ、社会心理的であれ、またスピリチュアルであれ、諸問題に直面している患者やその家族のクオリティ・オブ・ライフ(生活の質)を向上させる」と定義。また、厚生労働省でも緩和ケアの推進を宣言しています。

このようにさまざまな機関が支援・推奨している緩和ケア。ホスピスとは違って終末期のがん患者だけではなく、がんで苦しむ患者全員が緩和ケアを受けることができます。

実際に何をするのか

痛みのコントロール

がん患者の多くが療法中の痛みに悩んでいます。緩和ケアでは痛み止めとして通常の鎮痛剤や医療用麻薬のモルヒネで痛みを軽減。副作用として眠気や吐き気、便秘などがありますが、治療で症状を和らげることができますよ。

心のケア

がんと診断される多くの方が動揺したり、落ち込んだりと不安な気持ちに押しつぶされそうになります。緩和ケアでは、そういった患者に寄り添って心の負担を軽減するのです。心療内科の医師や臨床心理士のカウンセリングが受けられる機会を用意し、がん患者が抱える悩みを親身になって聞いてくれるので、気軽に相談可能。がん治療中の不安や心配などのストレスを軽減し、強い気持ちでがんと向き合うことを目指します。

家族のケア

がんは本人だけではなく、家族にも精神的に大きな影響を与えます。大切な人ががんであると知らされた時や、転移・再発が見つかった時に受けるショックははかり知れません。緩和ケアでは、家族のメンタル面もサポート。

大腸がんの患者を診察している医療施設では、精神腫瘍科・心療内科の医師や臨床心理士のカウンセリングを家族が受けられます。がんの宣告が家族にとって強いストレスになるケースがあるので、緩和ケアは家族のうつや自殺を防ぐことにもつながるでしょう。

「がんとの共生を考える」を読む

緩和ケアを検討するタイミング

緩和ケアは、決して末期の患者さんだけが受けるものではありません。がんであることは分かってから、必要に応じ、いつでも受けることができるものです。

しかし、患者さんの中には、腫瘍の痛みや抗がん剤の副作用を経験しつつも、いつ緩和ケアを受けるべきか分からない方もいるようです。基本的に「普段の自分らしい生活ができない時には緩和ケアを検討する」と考えておいてください。

国立がん研究センターの公式HPでは、具体的に緩和ケアを検討するべき症状、および、それぞれの症状に対して医療機関が行う緩和ケアの内容について、以下のようにまとめています。

がんの療養の経過における緩和ケア
診断直後の不安や落ち込み 緩和ケアチームの心のケアの専門家が担当医や看護師と協力してサポートします。
治療前からの痛み 担当医や看護師と緩和ケアチームが協力して治療やアドバイスを行います。がんの治療の前後にかかわらず十分な鎮痛のために必要な治療を行います。
放射線や抗がん剤の副作用(吐き気・嘔吐(おうと))、食欲不振、しびれ、口の渇き、口内炎、下痢など) 担当医や看護師、放射線科医と緩和ケアチーム、歯科医などが協力して治療やアドバイスを行います。栄養士が食事の内容や調理方法などについてアドバイスします。
手術後の痛み 担当医や看護師と麻酔担当医、緩和ケアチームが協力して治療やアドバイスを行います。
再発や転移による痛み 入院中、通院中とも担当医や看護師と緩和ケアチームや緩和ケア病棟の担当医、栄養士などが協力して治療やアドバイスを行います。在宅療養では訪問診療の担当医が訪問看護師とともに治療やケアを行います。緩和ケアチームにおける心のケアの専門家の視点から治療やアドバイスを行うこともあります。
息苦しさ
だるさ(倦怠(けんたい)感)
食欲不振、吐き気・嘔吐
リンパ浮腫
医療費の問題 入院中、通院中とも担当医や看護師とソーシャルワーカーや緩和ケアチームのメンバーが協力してサポートします。在宅療養では訪問診療の担当医や訪問看護師、ケアマネジャー、市区町村の担当者がサポートします。
転院や自宅での療養についての不安
自分の存在や生きる意味についての悩み 入院中、通院中とも担当医や看護師と心のケアの専門家が協力してサポートします。在宅療養では訪問診療の担当医が訪問看護師などとともにサポートします。
不安や気分の落ち込み
家族の心や気持ちの問題

引用元:国立がん研究センター「がんの療養と緩和ケア」

がんの緩和ケアとホスピスにおける療養を混同している方もいらっしゃるようです。

緩和ケアは、ホスピスとは異なり、がんに関わるどのような症状においても受けられるものです。病巣の痛みや副作用に対するケアだけではなく、金銭的な問題に対するケア、患者さん自身の精神的な問題に対するケア、家族の気持ちに対するケアなど、がんに関わるあらゆる問題の軽減を図るのが緩和ケアなのです。

緩和ケアチーム

緩和ケアは、医師や薬剤師のみで行われるものではありません。上でご紹介した緩和ケアの種類・内容を見れば分かるとおり、医師や薬剤師だけでは対応不能な緩和ケアもあります。

緩和ケアには、さまざまな専門家が連携して臨み、ひとつのチームとして患者の苦痛に対処していくことになります。緩和ケアチームに加わる専門家の種類、および役割について詳しく確認しましょう。

緩和ケアに関わる主な専門家と、それぞれの役割

緩和ケアの事例

実際の治療現場では、どのような考えのもと、どのような緩和ケアを行っているのでしょうか?以下、2つの病院における緩和ケアの体制やスタンスをチェックしてみましょう。

緩和ケアの役割について

「がん」という病気にかかると、状況によっていろいろな症状に悩まされることがあります。

また、「抗がん剤」など「がん」の治療も何らかの症状を引き起こすことがあります。

「緩和ケア」は、これらの症状を緩和して、よりよい生活が送れるように援助することを目標にする医療です。

引用元:広島市立広島市民病院「がん治療」

  • 緩和ケアは癌の治療時期より切れ目なく行ないます。
  • 癌の患者さんと家族の身体的苦痛、精神的苦痛、社会的苦痛、スピリッチュアルペインを緩和します。
  • 急性期病院の主治医と看護師を支援して、入院と外来と自宅で、より良い緩和ケアが受けられるようにします。

引用元:浦添総合病院「チーム医療 - 緩和ケアチーム」

緩和ケアチームについて

緩和ケアチームは何をしているか

  • 急性期病棟での紹介患者の診療
  • 緩和ケア外来での診療
  • 在宅緩和ケアの実施
  • 緩和ケアカンファレンスと緩和ケアチーム回診を毎週開催

緩和ケアチームの構成

医師2人、看護師3人、薬剤師2人、管理栄養士1人、社会福祉士1人、医療クラーク1人,リハビリ技師は欠員

名嘉村クリニックから医師1人、看護師が1人参加。

引用元:浦添総合病院「チーム医療 - 緩和ケアチーム」

  1. 専任医師、専従看護師、臨床心理士が一般病棟で緩和ケアの必要な患者を往診診療する
  2. 精神科介入が必要だと判断される場合は、精神科医師と協働する
  3. 疼痛緩和の方法について提言し、主治医と協議しながら診療方針を決めていく
  4. 退院後は原則として主治医のみのフォローとし、問題が発生した場合には緩和ケア内科外来で診療する

引用元:札幌厚生病院「緩和ケア内科」

緩和ケア外来について

緩和ケア外来では以下の事にとりくんでいます。

  • 外来で癌の治療を行なっている患者さんと家族に緩和ケアの立場から対処します。
  • 外来診察室や化学療法室でお話を聴いています。
  • 患者さんと家族の話を、ゆっくりお伺いしています。
  • 症状の軽減方法を相談することが主ですが、様々な不安な気持ち(他の治療法はないのか・自分はどうして癌になったのか・癌が進行してどうしようもなくなるのでは)もお伺いしています。

引用元:浦添総合病院「チーム医療 - 緩和ケアチーム」

緩和ケア内科外来は、外来通院中のがん患者さまで、苦痛症状のコントロールを希望される方が対象で、主治医の紹介に応じて外来対応致します。また、地域医療機関からの緩和ケア病棟入院希望の方にも対応します。

引用元:札幌厚生病院「緩和ケア内科」

記事の参考にさせていただいた医療機関

浦添総合病院

浦添総合病院
http://jin-aikai.com/urasoe-sogo/
院長 福本 泰三
所在地 沖縄県浦添市伊祖4丁目16−1
TEL 098-878-0231
診療時間 9:00-12:30 / 14:00-17:00
休診日 土曜午後、日曜、祝日、年末年始(12/31-1/3)

緩和ケアセンター長 新里誠一郎医師

1978年に医学部を卒業。もともとの専門は消化器外科、一般外科でしたが、現在は緩和ケア外来を中心に診療にあたっているドクターです。

緩和ケアは医師が一人で行うものではなく、各種の専門医療スタッフや家族とのチームによる連携が必要という信念。真の緩和ケアの普及を目指し、県内を中心に広く啓蒙活動を行っています。

日本消化器外科学会認定医・指導医、および日本緩和医療学会暫定指導医の資格も保有。

広島県立広島市民病院

広島県立広島市民病院
http://www.city-hosp.naka.hiroshima.jp/
院長 荒木 康之
所在地 広島県広島市中区基町7-33
TEL 082-221-2291
受付時間 8:30~11:00
休診日 土曜、日曜、祝日、8/6、12/29~1/3

副院長・緩和ケア科部長 塩崎滋弘医師

1982年、岡山大学医学部を卒業。同大学第一外科を経て、岡山大学大学院にて医学博士号を取得。のち広島市立市民病院外科主任部長、岡山大学臨床教授などを歴任し、2015年より広島市立広島市民病院に復職。現在、副院長兼緩和ケア科部長を務めています。

専門領域は消化器外科、および肝胆膵領域がん。日本外科学会指導医・専門医、日本消化器学会指導医・専門医などの専門資格を多く保有するとともに、日本外科学会代議員や日本臨床外科学会評議員も務めるなど、外科分野においては国内屈指の名医と言えます。

札幌厚生病院

札幌厚生病院
http://www.dou-kouseiren.com/byouin/sapporo/index.html
院長 狩野 吉康
所在地 北海道札幌市中央区北3条東8-5
TEL 011-261-5331
受付時間 8:30-12:00 / 13:00-17:00
休診日 土曜、日曜、祝日、年末年始(12/30-1/3)、創立記念日(8/15)

緩和ケアセンター長 飯田道夫医師

同院の緩和ケア病棟には、主に終末期や進行がんなどの苦痛を抱える患者が多く入院していますが、各患者さんに最良のQOLを提供すべく、飯田医師は、患者さんに24時間面会が可能な体制を構築。また、主治医の許可があれば「少量ならば」という条件付きで、面会中に患者さんとアルコールを交わすことも可能にしました。患者さんのQOLを高めるために何をすべきか、を常に模索するドクターです。日本緩和医療学会PEACE指導者。

和泉市立総合医療センター

和泉市立総合医療センター
https://izumi.tokushukai.or.jp/
院長 村上 城子
所在地 大阪府和泉市和気町4-5-1
TEL 0725-41-1331
診療受付時間 8:00-11:30
休診日 日曜、祝日、年末年始(12/31-1/3)

副院長・がんセンター長 佃博医師

「かならず誰かがそばにいる」と患者に思ってもらえるような緩和ケアをモットーに、終末期の患者さんに対して自宅のような癒しの空間を提供。一人ひとりの患者が、その人らしい毎日を送ることができるよう全力でサポートしています。日本の文化を改めて体で感じて欲しいと、季節を体感できるイベントを毎月開催。日本内科学会認定内科医、日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会専門医。