~よくわかる大腸がんの基礎知識~

大腸がんのステージと治療を知る
大腸がんのステージと治療を知る » どんなことをする?大腸がん治療の種類 » 内視鏡治療

内視鏡治療

ステージ0とステージ1のがんを切除できる内視鏡治療。ここでは、内視鏡治療の切除方法やメリット・デメリットについて紹介しています。

参照元:国立がん研究センター がん情報サービス 大腸がん「治療」
参照元:国立がん研究センター 希少がんセンター 内視鏡検査・治療
参照元:藤田 伸、島田安博(2011)『国立がん研究センターのがんの本 大腸がん』小学館クリエイティブ.
参照元:福長洋介(2016)『よくわかる最新医学 大腸がん』主婦の友社.

内視鏡治療とは

先端に小型カメラとライトを取り付けた細長い管状の内視鏡を用いて、大腸の内部をモニターでチェックしながら腫瘍を切り取れる内視鏡治療。患者の身体にかかる負担が軽く、短い入院期間ですむ治療方法です。がんが大腸の粘膜の中にとどまっているステージ0と、粘膜の下層の浅いところにがんが進行しているステージ1の場合に、施術を受けることができます。

内視鏡治療による切除が可能ながん

リンパ節へ転移する可能性が低く、腫瘍が一括で切除できる大きさ・部位にあれば、内視鏡治療が可能です。2016年度の「大腸癌治療ガイドライン」では、大きさや肉眼型を問わず、粘膜内がん・粘膜下層への軽度浸潤がんであることが基準となっています。

代表的な3つの切除法

ポリペクトミー

内視鏡の先端からスネアと呼ばれている金属の輪っかを出して腫瘍の根元へひっかけ、輪っかを縮めたところで電流を流して腫瘍を焼き切る方法です。腫瘍がキノコ型の形の場合に用いられています。費用は約23,000円ほどです。

EMR(内視鏡的粘膜切除術)

腫瘍が平らな形をしている場合に用いられることが多い方法です。腫瘍の下にある粘膜部分に医療用の食塩水を注射して膨らませます。その膨らんだ根本にスネアをひっかけて電流で焼き切る治療方法です。施術費用は約29,000円となります。

ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)

腫瘍の下にある粘膜部分に薬剤を注射して、電気メスで腫瘍を切り取ります。ポリペクトミーやEMRで切除できない大きな腫瘍がある場合によく用いられている治療方法です。1割負担の場合は55,000円で、3割負担だと170,000円ほど費用がかかります。

内視鏡治療のメリット・デメリット

メリット

初期のがんでリンパ節へ転移する可能性がないものであれば、内視鏡治療でほとんどが治療することが可能です。おなかを切らずにがんを治療できるので、患者の身体にかかる負担を軽減できます。

デメリット

がんの大きさや部位によっては施術の時間がかかってしまうことも。長い手術では3~4時間もかかるようです。がんを切り取った箇所の近くにある血管からの出血や、がんを切り取った部分に穴が開く穿孔(せんこう)などのリスクもあります。また、内視鏡治療を受けた後に追加治療が必要になるケースも少なくありません

内視鏡治療の体験談

3日で退院のスピード

直腸がんステージ1と診断され、内視鏡治療を受けることになりました。当時は内視鏡が本当にイヤで、開腹手術のほうがなんぼかマシだと思っていましたが、先生の「大腸の粘膜は痛みがないので、がんの切除で痛みを感じることはありませんよ」「内視鏡なら、大腸の機能も保てます」「入院も2〜3日ですみます」と言われ、決意。

当日は朝食から絶食、大腸内視鏡検査のときと同じように、下剤を服用しました。手術中は静脈麻酔で、鼻から酸素吸入を行っていたので、当然ですが意識はありませんでした。2時間ほどで終わり、目が覚めたときには病室のベッドで寝ており、とくに痛みもありませんでした。「便が出たらチェックするので、流さずにナースコールをしてください」と言われ、実際にしたときは恥ずかしかったです。

先生の言っていたように、予後も良く、2日後からは食事も再開(それまでは点滴)。3日目には退院できました。内視鏡にして良かったと、今では思っています。(65歳・女性)