~よくわかる大腸がんの基礎知識~

このサイトについて

このサイトは、難しいイメージのある大腸がんについて、その症状や生存率、治療方法などを、なるべくわかりやすく解説することを目的に作ったものです。細心の注意を払って正確性を期していますが、個人でまとめたものですので、誤りがあるかもしれません。ご了承ください。

大腸がんの基本ガイド HOME » どんなことをする?大腸がん治療の種類 » 手術治療

手術治療

大腸がんの治療の一つに外科手術があります。外科手術はどのような時に用いられるのでしょうか?具体的に見ていきましょう。

大腸がんが大きくなったら外科手術が必要

一般的に、大腸がんの治療では、腫瘍を切除することが必要です。前のページでは、肛門から内視鏡を挿入して、腫瘍を焼き切って切除する治療法を紹介しましたが、この方法は、腫瘍がまだ小さく、がんの進行も進んでいない場合に用いられます。

腫瘍が大きく成長してしまっている場合、癌が大腸の壁の外にまで浸透してしまっている場合などは、開腹して切除を行う外科手術が必要となります。そのほか、癌のできている場所により、小さくても外科手術が必要になる場合もあります。

外科手術の方法は大きく2種類です。

<開腹術>

お腹を大きく開けて直接大腸の腫瘍部分を切り取る方法です。

医師が直接目視や触診し腫瘍部分を確認できるため、確実に取り除けます。

お腹に大きな傷が残ることや、患者さんの負担が大きいことなどがデメリットですが、進行してしまったがんの場合はたいてい開腹手術が一般的です。

 
<腹腔鏡下術>

お腹に数か所の穴をあけ、炭酸ガスを入れてお腹を膨らませて空間をつくります。その後、小さく開腹し、お腹の中、場合によっては大腸を取り出して、腫瘍部分を切り取る方法です。

この方法だとお腹の傷口も小さくなりますが、医師が直接目視・触診できないため、高度な技術が必要です。また、手術中に高炭酸ガス血症を起こす恐れもあります。

腸を切り取った後は、腸を縫い合わせつなげていきます。そのため、出血、縫合不全などの恐れもあります。手術後は、腸閉そくや感染症などの合併症にも注意する必要があります。

また、直腸がんの場合は、人工肛門が必要になることがほとんどです。しかし、最近では、できるだけ直腸を温存する方法も開発されてきました

いずれにしても、外科手術を行うと、入院費と手術費用を合わせて、100万円は見ておく必要があるでしょう。

手術治療の体験談

大腸がんが見つかり、外科手術を選択して、実際に手術をした方の体験記を紹介します。具体的な内容を見ることで流れなどを確認しましょう。

大腸がんの手術を無事に終えました

便秘と下痢を繰り返すようになり、大腸がんの内視鏡検査を受けることになりました。実際に、検査を受けてみると、S状結腸のところに、大きな癌が見つかりました。内視鏡がその先に進めないくらい大きな癌でした。

内視鏡ではもちろん取りきれる大きさではなく、開腹手術になりました。

入院し、前の日からは絶食絶飲です。そして、朝一番で手術を行うことになりました。

まず、背中に痛み止めを打ち、その後、左腕から全身麻酔が入れられました。麻酔が入ると、すぐに意識がなくなりました。次に目覚めたときには、ベッドの上。先生から、手術は成功だと告げられました。

腫瘍部分の大腸と近くのリンパ節を切除したとのこと。後で調べると、リンパ節の数カ所にも転移があったようです。しかし、ほかの臓器には転移がなかったので、一安心でした。

お腹を見ると、大きな傷がありましたが、それは仕方ないです。腫瘍はかなり大きく、手術が成功するのはギリギリのタイミングだったのかもしれません。手術して良かったと思います。

腹腔鏡下手術を受け、仕事に復帰できました

定期検診の便潜血検査で、潜血があり、内視鏡検査を行いました。結腸部分はきれいだったのですが、S状結腸を過ぎたあたりから怪しくなってきて、直腸部分にポッコリした塊がありました。その塊が、悪性腫瘍だと聞いたときはショックでしたね。

手術の説明を受けた際、私はてっきり開腹するのかと思ったのですが、腹腔鏡下手術をするとのこと。これをすると体へのダメージも少ないそうです。

実際に、手術を行って、お腹表面の傷も目立たないです。しかも、手術後1ヶ月で仕事にも復帰できました。

ただ、腫瘍が結構大きく、大腸からちょっとはみ出ていたので、転移を防止するために、抗がん剤を3年飲み続けました。でも、大きな副作用もなく、問題ありませんでした。

大変だったのは、便意です。直腸が短くなってしまったので、便をためることができず、一日に何度もトイレに行く必要があります。特に、便を軟らかくする薬をしばらく飲んでいたので、トイレは大変でした。

しかし、年を追うごとに便の回数も便の状態も正常に戻ってきて、3年たった今では便も正常です。手術前は、便秘や下痢を繰り返していたので、手術後の便の状態は本当に良くなったと思います。 仕事にも復帰できて感謝しています。