~よくわかる大腸がんの基礎知識~

大腸がんのステージと治療を知る
大腸がんのステージと治療を知る » どんなことをする?大腸がん治療の種類 » 手術療法(外科療法)

手術療法(外科療法)

進行してしまったがんをメスで切除して治療を行なう手術療法。ここでは結腸(けっちょう)がんと直腸がんの手術療法について紹介しています。

参照元:国立がん研究センター がん情報サービス 大腸がん「治療」
参照元:がん研有明病院 大腸がんに対する腹腔鏡下手術
参照元:藤田 伸、島田安博(2011)『国立がん研究センターのがんの本 大腸がん』小学館クリエイティブ.
参照元:福長洋介(2016)『よくわかる最新医学 大腸がん』主婦の友社.

手術療法とは

がんが粘膜の下層まで進行し、内視鏡治療で切除できない場合はメスを用いた手術治療を行ないます。手術では転移する可能性が高いリンパ節の切除と、がんから10cm離れた部位から腸管にメスを入れるのが原則。がんの塊を一気に除去できるので、完治する可能性が高い治療方法です。ただ術後の回復にある程度時間がかかったり、傷跡が残ったりすることもあります。

結腸がんの手術法

がんから10cmほど離れた箇所まで腸管にメスを入れて腸管同士をつなげたり、がんが転移する可能性があるリンパ節を切除したりします。術後に排便や排尿の機能にトラブルが起こる危険性を抑えられる療法です。ここでは結腸(けっちょう)がんの手術療法について紹介します。

腹腔鏡(ふくくうきょう)手術

お腹に小さな穴を開けて、小型カメラと切除器具がついた器具を用いて腫瘍を摘出する治療法です。お腹を大きく切らないため、痛みが少なくて術後の回復が早いのが特徴です。2005年まではステージ0、1の大腸がんに対して行なわれていましたが、2009年度版の「大腸がん治療ガイドライン」(大腸がん研究会編)で、このステージによる縛りがなくなり、高度な技術を持つ医師はステージ3、4の治療にも腹腔鏡手術を選択することも増えてきました。実際、有明のがん研病院では、2005年では、大腸の手術のうち、全体の30%である66件が腹腔鏡手術だったのが、2014年には95%、647件にまで増えています。

結腸切除術

腫瘍がある結腸を切除して、残っている腸と腸をつなぐ治療方法です。結腸とは盲腸や直腸以外の大腸を指します。

直腸がんの手術法

直腸の近くにがんがある場合、排尿や排便、性機能をコントロールする神経を切除する可能性もあるため、がんを完治しようとするとその機能に影響が起こる可能性があります。ここでは直腸がんの手術療法についてまとめました。

経肛門的(けいこうもんてき)直腸局所切除術

肛門付近の直腸に大きな腫瘍があり、内視鏡治療をできない場合に、肛門からメスを入れて腫瘍や腸管を除去する治療法です。

前方切除術

ある程度広がっている腫瘍をリンパ節と一緒に切除する施術。腫瘍とリンパ節の除去が終わると、直腸と結腸を自動でつなぎ合わせることができる特殊な医療器具を用いた治療方法です。

直腸切除術、人工肛門造設

腫瘍ができた直腸と肛門を切り取る直腸切除術。その後、切り取った肛門の代わりに人工肛門(ストーマ)と呼ばれる便の出口を腹部につくり、排泄できるようにします。ストーマについては別ページで詳しく解説しています。

人工肛門(ストーマ)での生活について知る

腹腔鏡手術の体験談

傷跡がほとんどわからない!

大腸がんステージ3と診断され、その病院では開腹手術を勧められました。でも、お腹に大きい傷跡が残るのがイヤで、他の病院でも診察を受けたところ、「腫瘍もそれほど大きくなく、転移もないので、これなら腹腔鏡手術でいけます。その場合、おへその近くを少し切るだけなので、傷跡があまりわかりませんよ」と言っていただきました。傷跡の写真も見せていただきましたが、本当にあまりわからない!「ぜひお願いします」と即決しました。

当日は全身麻酔で、気がついたら終わっていました。翌日には歩くことができ、病室の隣のベッドでは、同じ日に開腹手術をした方がいたのですが、その方は「すごい、まだまだ歩けない」と言っていたので、やはり体の負担は少ないんだと実感しました。入院はそれでも3週間しましたが、その頃には入院前と変わらないような生活をしていました。退院後すぐに仕事復帰もでき、本当に腹腔鏡手術様様です。正直、そのあとの抗がん剤治療の方が数百倍ツラく、途中で断念してしまいました。なので、転移が怖いので、検査は欠かさず行っています。術後3年経過していますが、傷跡はよく見ないとわからないくらいになっています。(30代・女性)