~よくわかる大腸がんの基礎知識~

大腸がんのステージと治療を知る
大腸がんのステージと治療を知る » どんなことをする?大腸がん治療の種類 » 放射線療法

放射線療法

切らずにがん細胞にダメージを与える放射線療法。ここでは放射線療法の種類や副作用について紹介しています。

参照元:大腸癌研究会 もっと知ってほしい大腸がんのこと[pdf]
参照元:藤田 伸、島田安博(2011)『国立がん研究センターのがんの本 大腸がん』小学館クリエイティブ.
参照元:福長洋介(2016)『よくわかる最新医学 大腸がん』主婦の友社.

放射線療法とは

X線やγ線、電子線などの放射線を用いてがん細胞を減らしたり、消滅したりすることができる放射線療法。手術で切除する必要がなく、化学療法と併せて治療を行うケースもあります。術後に照射して再発を予防することも可能です。骨にがんが転移した時の痛みを和らげる効果も期待できます。

放射線療法の種類

補助放射線療法

切除できる直腸がんに照射する補助放射線療法。手術療法の効果を高めるために用いられており、手術療法の前にがんのサイズを小さくしたり、骨盤内にある臓器に転移するのを抑えたりすることができます。

緩和的放射線療法

進行したがんや転移したがんなど切除が難しいがんに対して照射する治療方法です。消化器障害や神経障害、血流障害などの症状を和らげるために用いられています。

放射線療法の副作用

早期に現れる副作用

けん怠感や食欲不振など全身に現れたり、放射線を照射した部位に異常が見られたりします。貧血や白血球・血小板が減少して免疫力の低下も。照射線を胃や腸に照射されると、腸内環境が乱れて吐き気や下痢などの症状も発症します。これらの症状は、放射線療法を開始してから早い時期に現れる副作用です。

数ヶ月後に出現する副作用

大腸がんの治療で放射線を照射した後に、副作用として直腸が狭くなったり、出血するといった症状を発症することがあります。膀胱が硬くなり血尿が出ることも。放射線を照射して数か月後に現れるため、がんが再発したと思う人も少なくありません。

放射線療法の副作用がつらい時は…

腸内環境の悪化による下痢や吐き気など放射線療法の副作用でつらい場合は、担当の医師や看護師、薬剤師に相談しましょう。吐き気を抑える薬などを処方してもらうことができます。