大腸がんのステージと治療を知る

~よくわかる大腸がんの基礎知識~

大腸がんのステージと治療を知る

免疫を高める、RBS米ぬか多糖体

世界54ヶ国で販売される、がんへの効果が実証されている成分

「RBS米ぬか多糖体」とは、その名からわかる通り、米ぬか由来の物質です。東京大学、千葉大学、慈恵医科大学など国内外28以上の大学や病院との共同研究を行い、免疫を高める作用や、抗がん作用があることがわかっています。これまで世界54ヶ国で使用され、9ヶ国で特許を取得。開発から25年以上経過していますが、その間70報の学術論文と140回以上の学会発表を行いました。アメリカではFDA(アメリカ食品医薬品局)の厳しい審査をクリアし、商品化され、多くの方に飲まれています。

資料請求の入力等がご面倒な方へ

RBS米ぬか多糖体の情報を手間をかけずにお知りになりたい方はお電話でお問合せいただくことをお勧めいたします。

特定非営利活動法人 日本食品機能研究会分科会
Japan Functional Food Research Association
米ぬか多糖体免疫研究会

電話でのお問い合わせ0800-222-4147 受付時間:月~金曜 10:00~17:30

1.NK細胞を活性化する

米ぬか摂取期間はNK細胞が活発に

NK細胞が活性化したグラフ

引用元:米ぬか多糖体免疫研究会
http://rbsnuka.com/

米ぬか摂取期間はNK細胞が活発に

がんを患っている方に2ヶ月間RBS米ぬか多糖体を摂取してもらったところ、摂る前に比べてNK細胞(ナチュラルキラー細胞)の活性度合いが上がったことがわかりました。

論文から見る大腸がんの症例その1

大腸がん患者のNK細胞が摂取6ヶ月でどのように活性化したのか、見ていきましょう。

研究方法

通常の治療が終わり、栄養状態に問題を抱えつつ治療を継続している癌患者を対象に、6ヶ月間調査。日常の食養生として、RBS米ぬか多糖体(MGN-3 ※RBS米ぬか多糖体の学術名)を1日3g摂取。

NK活性の変動表

氏名/年齢/性別 原発巣 摂取前 摂取6ヶ月後
I・R/64/♂ 大腸 17.0 47.5
M・T/59/♂ 大腸 37.2 50.3
T・H/58/♀ 直腸 9.5 34.8
H・Y/59/♀ 大腸 9.6 6.1
Y・H/84/♂ 直腸 30.3 30.2
K・M/53/♂ 直腸 8.2 26.2

調査開始時にはNK活性は全般に低く、30%以下が11名、30%~50% 3名、50%以上が2名で正常域の患者の割合は19%であった。(※管理人注 上の表では、大腸がん患者のみを抜き出していますが、この調査では乳がんや胃がんなど、全16名に対して調査を行っています)
RBS米ぬか多糖体(MGN-3)摂取により、NK活性は上昇傾向を示し、正常域の患者が11%、69%と増加した。また、摂取後に腫瘍マーカーが減少した患者は10名、63%であった。

引用元:(2004)『BioBran/MGN-3 基礎と代替・補完療法への応用』,p.209~215,医薬出版

【管理人コメント】

腫瘍マーカー減少が全体の63%と、半分以上の患者に有効だったという調査結果が出ています。大腸がんだけにフォーカスしても、6人中4人のNK細胞が活性化していることがわかります。しかも、下がっているものは0.1、3.5という少ない幅ですが、上がり幅に着目すると、最大30.5と大きく増えていることがわかります。

RBS米ぬか多糖体の摂取によって、NK細胞が活性化=がんを攻撃してくれる=腫瘍マーカーが減少するという、がん患者にとっては一番得たい効果が得られています。また、このRBS米ぬか多糖体は食品を元にしている成分なので、摂取による副作用などもないことが確認されています。

論文から見る大腸がんの症例その2

NK細胞ではありませんが、免疫機能が活性化した症例をご紹介します。

58歳・男性(大腸がん・肝転移)

研究方法

癌患者の免疫療法としてRBS米ぬか多糖体(MGN-3)内服とBRP(Bio-Reproducing Protein)点滴静注(※管理人注 免疫療法の一種)との併用療法を行い、その治療効果に関して採血による腫瘍マーカー及び免疫能の測定により検討を行った。

  • RBS米ぬか多糖体(MGN-3)の内服は1日3g(1.0gづつ3回)とした。
  • BRP点滴静注は4週に1回行った。

他院にて大腸がんの手術を受けたが、肝転移を生じたので免疫治療を望んで、2003年8月16日当クリニックに来院した。
肝機能(GPT)は治療1ヶ月後急速に好転し、以降治療2ヶ月後、3ヶ月後、そして4ヶ月後といずれも一定の成績を続けている。免疫能(TK活性)も治療後1ヶ月よりほぼ安定した成果を呈している。
現在のところ自覚症状は全くなく、日常の勤務を続けている。RBS米ぬか多糖体(MGN-3)の投与日数は77日であった。

GPT(IU/I 37℃) TK活性(U/I)
基準値 男性75以下 5以下
治療前 135 8.2
治療1ヶ月後 71 5.1
治療2ヶ月後 64 4.8
治療3ヶ月後 91 5
治療4ヶ月後 88 5.2

引用元:『BioBran MGN-3論文集』,p.249~252[pdf]※論文のpdfは、日本食品機能研究会(http://www.jafra.gr.jp/)による

【管理人コメント】

BRP治療も併用していますので、どこまでが米ぬか多糖体の力なのかまではわかりませんが、ステージ4肝転移の男性の肝機能、免疫機能ともに好転したということが、この論文からわかります。

免疫機能が上がるということは、がんを攻撃する細胞も活性化します。がんで弱った体は風邪をひきやすくなったり、貧血症状が起こりやすくなったりするなど、普段の生活にも影響を及ぼしますが、そういった風邪や貧血などにも打ち克てる力が得られます。

2.QOL(生活の質)の改善

がん患者205名を対象に調査

引用元:米ぬか多糖体免疫研究会
http://rbsnuka.com/ef01.html

がん患者205名を対象に調査

大腸、肺、乳、胃、子宮、肝臓などのがん患者205人以上に対し、治療の際にRBS米ぬか多糖体をあわせて摂取してもらったところ、摂取前よりもQOL(痛みや吐き気、倦怠感、食欲)が改善しました。

3.抗がん剤の副作用軽減

治療のストレスとなる副作用を軽減

引用元:米ぬか多糖体免疫研究会
http://rbsnuka.com/ef01.html

治療のストレスとなる副作用を軽減

放射線治療を受けるがん患者を2組に分け、一方では特に何も摂取せずに抗がん剤治療を、もう1組には治療と並行してRBS米ぬか多糖体を摂取してもらったところ、RBS米ぬか多糖体を摂取していた方の患者は副作用が改善しました。

RBS米ぬか多糖体を日常生活で摂取するには

RBS米ぬか多糖体は、米ぬかにしいたけ菌の酵素を反応させることで作られているので、私たちが普段食べたり、化粧品として活用している米ぬかとは別物です。「RBS米ぬか多糖体」という成分を摂取する必要があるので注意してください。「RBS米ぬか多糖体」はサプリメントで摂取することができます。

「RBS米ぬか多糖体」
資料・カタログ差し上げます

※米ぬか多糖体免疫研究会の資料請求フォームに移動します。

「RBS米ぬか多糖体」
資料・カタログ差し上げます

※米ぬか多糖体免疫研究会の資料請求フォームに移動します。

資料請求の入力等がご面倒な方へ

RBS米ぬか多糖体の情報を手間をかけずにお知りになりたい方はお電話でお問合せいただくことをお勧めいたします。

特定非営利活動法人 日本食品機能研究会分科会
Japan Functional Food Research Association
米ぬか多糖体免疫研究会

電話でのお問い合わせ0800-222-4147 受付時間:月~金曜 10:00~17:30