~よくわかる大腸がんの基礎知識~

大腸がんのステージと治療を知る
大腸がんのステージと治療を知る » 進行度別に見る大腸がんの症状・治療・生存率・再発率まとめ » 大腸がんステージ3 » ステージ3の生存率と再発率

ステージ3の生存率と再発率

大腸がんがステージ3にまで進行すると、リンパ節への転移が認められます。ここでは大腸がんステージ3の生存率について詳しくまとめました。ステージ3aと3bで分けて解説しているので参考にしてください。

大腸がんステージ3の生存率

大腸がんのステージ3はa期とb期に分かれています。ステージ3a期は隣接するリンパ節に転移がある、リンパ節への転移が2個以下の病期。ステージ3b期は離れたリンパ節へも転移がみられる、リンパ節への転移が4個以上の場合です。それぞれで5年生存率が変わってきます。

それぞれの5年生存率は以下の通りです。

ステージ3a期
5年生存率 71%
進行度合 ・隣接するリンパ節に転移がある
・転移が2個以下
ステージ3b期
5年生存率 56%
進行度合 ・離れたリンパ節にも転移がある
・転移が4個以上

参照元:藤田 伸、島田安博(2011)『国立がん研究センターのがんの本 大腸がん』小学館クリエイティブ.

リンパ節への転移が隣接している、転移が2個以下の3a期の生存率が71%なのに比べて3b期は56%と、およそ半数の方が亡くなってしまうという結果になりました。がんが大腸の粘膜や粘膜下層の浅い部分にとどまっている早期がんに対し、ステージ3のがんは大腸壁の深い部分にまで進行が及んでしまっていることが多く、転移も認められるステージ。

手術で完全に取り除いたように見えても、深いところにがんが進行しており、完全にはがん細胞を切除できません。そこから再発したりがんが大きくなったりして他の器官に転移してしまうのです。

どんな場所に転移・再発しやすいのか

大腸がんが転移する臓器で最も多いのは肝臓です。大腸から流れた血液が肝臓に流れるためで、血液にがん細胞が混ざり肝臓に到達することで転移します。がん細胞が大腸の壁の中にある毛細血管に入ると、血液の流れに乗って体のさまざまな部位に移動。

そこにがんが転移して大きくなってしまう「血行性転移」は、大腸がんの中でもよく見られる転移のひとつです。次に多いのが肺。そのほか血液の流れに乗って、脳や骨に転移する場合もあります。

がんの転移や再発はほとんど自覚症状がなく、多くの場合、手術後や治療後の定期検査によって見つかります。ステージ3のがん切除の再発率は約30%と3人に1人が再発してしまう可能性が。転移・再発後のがんも進行度が低いほど再発は低くなるので、検査と早期発見が非常に重要です。

参照元:高橋慶一(2010)『大腸がん 手術後の生活読本』主婦と生活社.

再発・転移について詳しく知る

再発・転移の予防法を詳しく知る