~よくわかる大腸がんの基礎知識~

大腸がんのステージと治療を知る
大腸がんのステージと治療を知る » 進行度別に見る大腸がんの症状・治療・生存率・再発率まとめ » 大腸がんステージ4 » ステージ4の生存率と再発率

ステージ4の生存率と再発率

このページでは大腸がんステージ4の生存率と転移・再発についてご紹介しています。

参照元:藤田 伸、島田安博(2011)『国立がん研究センターのがんの本 大腸がん』小学館クリエイティブ.
参照元:福長洋介(2016)『よくわかる最新医学 大腸がん』主婦の友社.

大腸がんステージ4の生存率・再発率

生存率

大腸がんは、がん全体の中で予後が良いとされています。しかし、ステージ4になると話は別です。ステージ4になると肝臓や肺、腹膜などへ転移していることが多いため、5年生存率は結腸がんで18.8%、直腸がんで20.8%となっています。

これでも、胃がんの7.3%、肝臓がんの3.3%よりも圧倒的に高い数字です。

※ここで紹介している生存率は、「5年相対性生存率」と呼ばれるものです。性、年齢分布、診断年が異なる集団において、がん患者の予後を比較するために、がん患者について計測した生存率(実測生存率)を、対象者と同じ性・年齢分布をもつ日本人の期待生存確率で割ったものを相対生存率といいます。

ステージ3の5年生存率は82.1%なので、60%以上も生存率が下がってしまいます。ステージ4は、がん細胞が他の臓器に転移している状態であるため、基本的に手術が難しい状態です。病巣がいろんなところに散らばった状態であるため、どれか1ヶ所を切除できたとしても予後が大きく改善される可能性は高くありません。そのため、生存率は低くなっています。

再発率

大腸がんの場合、元々がんのあった部位付近で再発することもあれば、原発巣から遠く離れた臓器で再発する可能性があります。

大腸がんの再発部位と再発の起こる割合は以下の通りです。

再発部位 再発する割合
肝臓 7.1%
4.8%
がんのあった部位の近く 4.0%
がんを切除した断面 0.4%
その他 3.8%
合計 17.3%

大腸がんの中でも結腸がんよりも直腸がんのほうが再発しやすいようです。再発の早期発見、予防のためにも定期検診はしっかりと行うようにしましょう。

どんな場所に転移しやすいか

ステージ4でも状態はさまざまなので、他の臓器に転移しているからといって必ずしも「末期がん」とは限りません。大腸がんが遠隔転移する場合のほとんどは、血液の流れに乗って転移します。大腸がんは肝臓に転移しやすいのが特徴。そのほかにも肺や骨にも転移する可能性があります。

大腸がんが臓器へ転移する確率は以下の通りです。

肝臓 10.9%
2.4%
腹膜 4.5%
0.4%

転移先の症状

肝転移

大腸は特に肝臓に転移しやすいですが、初期のころはほとんど症状が現れません。進行が進むと、全身倦怠感や食欲不振、黄疸などの症状が現れるようになります。

肺転移

肺に転移した際には咳や胸痛、血痰、息切れなどの症状が現れます。胸水がたまると、呼吸困難や発熱などがみられることもあるので注意が必要。

骨転移

大腸がんが骨に転移すると部位に痛みを生じたり、少しの衝撃で病的骨折を起こしたりすることがあるようです。

再発・転移について詳しく知る

再発・転移の予防法を知る