~よくわかる大腸がんの基礎知識~

大腸がんのステージと治療を知る
大腸がんのステージと治療を知る » 進行度別に見る大腸がんの症状・治療・生存率・再発率まとめ » 大腸がんステージ4 » ステージ4の治療

ステージ4の治療

大腸がんのステージ4の治療法をご紹介します。手術ができない場合に行なわれる治療法についても記載しているので、ぜひ参考にしてください。

参照元:藤田 伸、島田安博(2011)『国立がん研究センターのがんの本 大腸がん』小学館クリエイティブ.
参照元:大腸癌研究会 患者さんのための大腸癌治療ガイドライン 2014年版

ステージ4の治療

他の臓器に転移しているステージ4のがんでは、基本的には手術が行なわれず、抗がん剤治療や緩和ケアが中心となります。しかし、大腸がんの場合は、状態によっては手術を受けることが可能です。特に、大腸がんが最も転移しやすい肝臓の場合は、できるだけ転移巣を切除する方向で進められることが多いようです。

肝臓は人にとって重要な臓器ではありますが、再生能力を持っているため、切除しても治癒できる可能性があります。ただし、手術ができるかどうかの判断は、患者さんの年齢や体力によって変わるため、状態に合わせて決めることが大切です。

大腸がんのステージ4で行なわれる3つの治療法

他の臓器に転移しているが切除できるケース

大腸がんが他の臓器に転移しているが手術によりどちらも切除できるケース。5年生存率が最も高い治療法です。

大腸がんは切除できるが、他の臓器は切除できないケース

この場合は、大腸がんは外科手術で取り除かれ、転移先の臓器は化学療法や放射線療法で対処。切除できず化学療法や放射線療法で治療した場合は、予後は悪くなり5年生存率は下がります。

どちらも切除できないケース

化学療法と放射線療法によって治療をします。どちらも手術で切除できないため、5年生存率がさらに低下します。

結腸がんの手術

早期のがんであればリンパ節に転移してる可能性が低いため、内視鏡治療をすることが可能です。しかし、進行がんの場合は転移の可能性があるため、リンパ節の検査を行ないます。その結果をもとに大腸にあるがんと血管に沿ったリンパ節を切除。取り除いた後は、前後で縫合して繋ぎ合わせます。

治療ができない場合でも、抗がん剤治療や化学療法などが行なわれますが、便通に異常がある場合は、生活の質を高めるために腫瘍を含めた腸管の切除が行なわれるようです。

直腸がんの手術

肛門側から取ることができないがんは開腹手術が行なわれます。直腸がんの手術には、大きく分けて2つ。がんのある直腸と共に肛門も切り取り、結腸に人工肛門を作る「直腸切断術」。肛門を広げたり縮めたりする筋を残して結腸と肛門管、もしくは直腸をつなぐ「肛門括約筋温存切除術」です。

近年ではQQL(生活の質)を考えて、肛門括約筋温存切除術がよく行なわれています。

手術ができない場合

手術ができない大腸がんの場合は化学療法や放射線治療、緩和ケアなどが行なわれます。以下のページでは、実際にはどのような治療が行なわれるのか詳しくまとめているので、ぜひ参考にしてください。

抗がん剤による化学療法について詳しく知る

放射線療法について詳しく知る

緩和ケアについて詳しく知る