~よくわかる大腸がんの基礎知識~

大腸がんのステージと治療を知る
大腸がんのステージと治療を知る » 進行度別に見る大腸がんの症状・治療・生存率・再発率まとめ » 大腸がんステージ4 » ステージ4の症状

ステージ4の症状

大腸がんがステージ4に進行すると
あらわれる症状とは

大腸がんのステージ4は、がんが骨や肺などのほかの臓器などに転移している段階です。腫瘍の大きさやリンパ節転移の数に関係なく、大腸以外の部位に広がっている場合はすべてステージ4と判断されます。ここでは、大腸がんのステージ4で出る症状について、詳しく解説していきましょう。

参照元:国立がん研究センター がん情報サービス 大腸がん『症状』
参照元:藤田 伸、島田安博(2011)『国立がん研究センターのがんの本 大腸がん』小学館クリエイティブ.

下血

肛門から血が混じった便が出る症状です。大腸の左側(下行結腸・S状結腸・直腸)にがんが発生したときに出る症状で、何らかの原因で消化管に出血が起こった場合に発生します。出血した位置や量によって便の色が異なりますが、盲腸や上行結腸から出血した場合は真っ黒なタール状の便が排泄されるのが特徴です。ステージ4になるとある日突然、大量の下血が発生することがあります。

血便

大腸がんの代表的な初期症状です。便に交じって出血が起きる状態で、排便をした際に便に血液が混じっていたり、お尻を拭いたときに血がついたりする人は要注意。また、血便は痔と区別されにくいのも特徴です。

痔の場合は真っ赤な鮮血が多く、大腸がんは黒っぽい血になっています。ただし、これはあくまで目安。鮮血の場合でも大腸がんの可能性があるので、血便が出た場合は検査を受けるようにしましょう。

粘膜便

便と共に排泄される粘液は、腸の粘膜から分泌されるタンパク質の一種。腸が正常であれば出ることはありませんが、大腸で何らかのトラブルが起きると発生します。大腸がんのほかにも潰瘍性大腸炎や、下痢や便秘を繰り返す過敏性腸症候群の可能性も。粘液便が長く続くようであれば病院で検査を受けましょう。

便秘

がんができたことによって便の通りが悪くなり便秘になっている状態です。便秘が続くからと言ってすぐに大腸がんを疑う必要はありませんが、便秘と下痢を繰り返すようであれば検査を受けたほうがいいでしょう。

下痢

大腸にがんができたことで便が通過しにくくなり、それを押し出そうと下痢になります。下痢は食あたりや飲み過ぎなどさまざまな理由でも発生するため、すぐに大腸がんと判断することはできません。便秘と同様に下痢と便秘が交互に続くようであれば、医師に相談しましょう。

便が細くなる

がんによって大腸の一部がすぼんでしまい、便の通り道が狭くなっている人に出る症状です。がん以外にも痔や大腸ポリープ、ストレスなど、さまざまな原因が考えられます。いずれにせよ、腸に何かしらの異常が発生している可能性があるので、詳しく検査したほうがいいでしょう。

貧血

大腸の右側(盲腸・上行結腸・横行結腸)にがんが発生している場合に出る症状です。がん細胞が大きくなると、消化器官から出血して貧血になる可能性があります。貧血が出ている場合は、大腸がんが進行している可能性が高いので注意が必要です。

腸からの出血が原因で貧血になる場合は、下血や便が細いなどの症状も同時に発生しているケースが多いもの。両方の症状が出る場合はすぐに医師に相談しましょう。

しこり

しこりは主に結腸に見られます。大腸に発生するしこりは、炎症によるリンパ腺の腫れとも間違いやすいですが、だんだん大きくなっていったり、外から触るとグリグリと動いたりするしこりの場合は診察を受けましょう。

腹痛

大腸がんによる腹痛は腸閉塞のような状態になっていたり、便が通り道をふさいで便秘になったりすることで腹痛が起こることがあります。このような状態が続いている場合は進行している可能性があるため、病院で診察を受けるようにしましょう。

以上が大腸がんの発生していた場合に起こる症状です。上記で紹介したような症状が続いたり、複数の症状が発生したりしている場合は病院で診察を受けるようにしましょう。

大腸がんがステージ4に進行した場合の生存率や再発率、手術や治療法についてもご紹介しているので、そちらも参考にしてください。

ステージ4の生存率と再発率を詳しく知る

ステージ4の手術・治療を詳しく知る

QOL(生活の質)がすでに低下してしまっていたら

がんと診断された約半数の人が、さらに、治療が進むと約8割の人が体重減少するという報告があります。体重が減少する原因は薬物療法や放射線療法などによる体への刺激、がん細胞自身が放出する物質によって体内で慢性炎症が起こり、食欲不振や下痢などの症状が発生するためです。それを放置し続けると体重や筋肉が減少し、QOLが低下してしまいます。QOLの低下は、患者本人から気力を奪っていき、最終的には生存期間に影響を与えると言われているので、早めに対策を取りましょう。

QOLが下がってしまった場合の対策

「がんとの共生を考える」を読む

代替医療について詳しく知る