~よくわかる大腸がんの基礎知識~

このサイトについて

このサイトは、難しいイメージのある大腸がんについて、その症状や生存率、治療方法などを、なるべくわかりやすく解説することを目的に作ったものです。細心の注意を払って正確性を期していますが、個人でまとめたものですので、誤りがあるかもしれません。ご了承ください。

大腸がんの基本ガイド HOME » がん治療とあわせて行いたい代替医療のまとめ » エネルギー療法

エネルギー療法

 気功やレイキなどのエネルギー療法は、がん治療の代替治療の一つに挙げられています。具体的に、気功とは何なのか、気功でがんは治るのかなどを見ていきましょう。

がんにはたらく?気功・エネルギー療法の効果とは

気功とは、古代の中国で生まれた治療方法です。

体に触れるか触れないか程度に手をかざして体に気を送りこむことで、体の機能を向上させていきます。実際、気を送りこむと、体がぽかぽかしてきます。これは、体の血流などがよくなってきた証拠だと言えます。

この体のめぐりを良くすることで、体が本来持っている免疫力を向上させたり、自然治癒力を高めたりします。

気功を行うことで、自律神経のバランスがとれ、体のさまざまな痛みをもちろん、ストレスなどの心の不調も軽減されると言われています。

がんやそのほかの病気についても、その病気に直接効くということではなく、体全体の自然治癒力が高まった結果、回復に向かうという考え方です。

気功でがんが治ったという声も聞かれますが、気功とがん治癒についての因果関係は証明されていません。

あくまでも、身体が本来持つ機能を高めることによって得られた結果だということは、知っておくとよいでしょう。

同じような治療方法に、レイキがあります。レイキヒーリングと呼ばれる民間療法で、気功と同じように、手を軽くかざして、体の自然治癒力を高めます。

そのほか、気功やレイキと同じ、エネルギー療法に分類されるものとして、電磁療法(温熱療法)もあります。これは専用の機械を使い、患部に電磁波を当てることで、患部を温めて治療していく方法です。

気功などのエネルギー療法を選択するなら、合わせて行いたいのが、健康食品を取り入れることです。実際に、がん治療に向けた免疫力向上の効果が実証されている健康食品がいくつかあります。これらの食品も取り入れることにより、相乗効果でがん治療に取り組んでいきましょう

関連記事