~よくわかる大腸がんの基礎知識~

このサイトについて

このサイトは、難しいイメージのある大腸がんについて、その症状や生存率、治療方法などを、なるべくわかりやすく解説することを目的に作ったものです。細心の注意を払って正確性を期していますが、個人でまとめたものですので、誤りがあるかもしれません。ご了承ください。

大腸がんの基本ガイド HOME » がん治療とあわせて行いたい代替医療のまとめ » 免疫療法

免疫療法

 がんの免疫治療とは、新しい治療方法として注目されている方法で、もちろん、大腸がんにも有効な治療方法です。免疫療法とはどういうものか、どのような効果があるのかを見ていきます。

人間の免疫力を利用した新しい治療方法「免疫療法」

免疫とは、体内に入ってきたウィルスなどの敵を攻撃したり排除したりできる体の機能です。この免疫をつくるためには、体のあらゆる物質や機能が働き、連携して敵を撃退しています。

大腸がんの免疫療法も、この体の免疫力を活用した治療方法です。がん細胞は、体内でつくられますが、正常な細胞の働きに悪影響を与え、健康を損なうがん細胞は、私たちの体にとっては異物であり、敵となりますね。

免疫を働かせ、癌化した細胞へ攻撃を行うのも体内の細胞です。癌化した細胞と戦う能力を持っているのは、NK細胞(ナチュラルキラー)と呼ばれる細胞です。現に、初期の癌細胞はこのNK細胞によって排除されます。

しかし、癌細胞が増殖すると、NK細胞の量が足りず、がんを排除しきれなくなります。すると、癌細胞が勝ってしまい、どんどん増殖して進行していくのです。

免疫療法とは、免疫細胞を増やすことで、増殖したがん細胞と戦わせる治療方法です。免疫細胞には、上記で紹介したNK細胞のほかにも、いくつかの種類の細胞があります。

大腸がんにも有効!免疫細胞を増殖させてがん細胞と戦わせる!

では、免疫療法とは具体的にどのように行うのでしょうか?治療の流れを見ていきましょう。

  1. 自分の体の中のNK細胞を取り出す
    患者の体から血液ととり、その血液中から免疫細胞を取り出します。
  2. 人工的に細胞を培養
    取り出した免疫細胞を人工的に培養して数を増やしていきます。この時、効率的にがんを攻撃するように細胞に教育を加えます。
  3. 免疫細胞を体内へ戻す
    点滴や注射で、元の患者の体内へ戻します。がんを効率的に攻撃するよう教育された、免疫細胞の軍隊は、体内のがん細胞と戦います。

実際には、この方法を数回繰り返して、がん細胞を攻撃していきます。

この方法は、もともと自分の細胞を使うことで、重い副作用などがなく治療が行えることがメリットです。

関連記事