~よくわかる大腸がんの基礎知識~

このサイトについて

このサイトは、難しいイメージのある大腸がんについて、その症状や生存率、治療方法などを、なるべくわかりやすく解説することを目的に作ったものです。細心の注意を払って正確性を期していますが、個人でまとめたものですので、誤りがあるかもしれません。ご了承ください。

大腸がんの基本ガイド HOME » がん治療とあわせて行いたい代替医療のまとめ » メンタルケア

メンタルケア

がん治療の代替治療の一つにメンタルケアがあります。以前は、末期がんで、すでに余命宣告される患者にのみ行われる治療と考えられていましたが、今は初期のがんでもメンタルケアが必要だとわかってきています。

がんの治療とともにメンタルケアも重要

自分ががんとわかった時、本当に不安や憤り感じることでしょう。治るのか、治らないのか、あとどのくらい生きられるのか、なんでがんになったのか、なぜもっと早く見つけられなかったのか、もっと早く病院へいっていれば…、などなど、あらゆることが頭を駆け巡ります。

すでにがんが進行してしまっているがんと宣告された場合はもちろん、初期のがんでも、「がんです」と聞けば、どなたでも少なからずショックを受けるものです。

これから治療を行っていくうえでも、また、少しでもがんの症状を緩和させるうえでも、メンタルケアは必要となってきます。

最近では、病院にカウンセラーがいて、がん患者やその家族の心のケアをしてくれます。がんの場合は、一人で抱え込まないことが重要。担当する医師はもちろん、カウンセラー、家族とともに、がんと闘っていくという意識を持つことが大切です。

精神科や心療内科などに相談することも1つの手。総合病院では、担当の医師や看護師に相談をすれば、手配をしてくれるでしょう。

そういった専門の診療科であれば、必要に応じて睡眠導入薬や抗不安薬などの処方をしてもらえる場合もあります。

不安や落ち込んだ気分をやわらげてくれる作用があり、体調や体質にあわせて処方してもらえますが、何か気になる症状が出たときは、すぐに担当の医師に相談するようにしましょう。

また、最近注目を集めている健康食品による代替医療についても考えてみてください。がん治療に有効な健康食品を食べることは、その効果を期待することはもちろん、心の支えにもなるかもしれません。

関連記事